スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - 夏休みも終わって忙しい第一週目。
2015-08-31 Mon 04:24

8/31 (月) ※MSCIリバランスフローが出る可能性。
18:00 (EU) EU
 HICP速報値 - HICPの下振れには警戒したいところ。
22:42 (US) US
 シカゴPMI - 会員・一部通信社向けの速報は3分前。

9/1 (火)
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 大本営発表なので予想からは大きくブレはしないが、分岐点以下の49.7予想なのは留意したい。
10:30 (AU) au
 住宅建築許可件数、Q2経常収支 - 前者は10%程度のブレがたまに起きる指標。
10:45 (CN) ch
 Caixin製造業PMI改定値 - 改定値なのでほとんど動かないはず。
13:30 (AU) au
 RBA政策金利 – 100%据え置き予想で、年内にあと一回利下げがあるかも、という程度。
16:55 (GE) GE
 製造業PMI改定値、失業率、失業者数 - 小粒な指標が重なっているので一応。
17:30 (UK) UK
 製造業PMI - 最近の英指標はまだまだ、一方向に動きやすいという傾向が続いている。
21:30 (CA) ca
 GDP m/m - 原油安もあってカナダドルは活発に取引されている。大きく動く要因にはなる。
23:00 (US) US
 ISM製造業 - 利上げ時期を再度見極めるモードに市場はなっているか。そうすると米指標には警戒。

9/2 (水)
10:30 (AU) au
 GDP q/q - 先日の市場の混乱を受け、特に資源国通貨は軟調。GDP次第で利下げ・・・という話にも。
17:30 (UK) UK
 建設業PMI - やや大きめに乖離しないと動きは小さい指標。
18:00 (EU) EU
 PPI - 影響力は小さいが、物価指標なので念の為。
21:15 (US) US
 ADP雇用統計 - そこまで動かず、市場からも信頼されていない指標。

9/3 (木)
10:30 (AU)
 貿易収支、小売売上高 – 最近の豪小売は乖離しても0.3%程度であまり面白くない。
17:30 (UK)
 サービス業PMI - 上記の通り、英指標の最近の傾向には注意。
20:45 (EU)
 ECB政策金利 - 主要金利引き下げ予想は皆無。
21:30 (US)
 新規失業保険申請件数 - ドラギ総裁会見と被るが同氏は時間ぴったりいには来ないだろう。
  〃  (EU)
 ドラギECB総裁会見 - バークレイズは近々QEの期間延長があるとの見解。そろそろ注意すべき時期か。
23:00 (US)
 ISMサービス業 - ISM製造業よりは注目度が劣る。

9/4 (金)
21:10 (US)
 ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演 - 「更なる遅延に対しての反論」と、気になるテーマなので一応。
21:30 (US)
 NFP失業率平均時給 - NFPは非常に重要だが、平均時給の伸びも大事。
  〃  (CA)
 新規雇用者数失業率 – NFPと同時発表なので手が出しにくい。
23:00 (CA)
 Ivey PMI - 一応。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。