スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - NFPやRBAよりもECB。どう転んでも大きく動きそう。
2014-08-31 Sun 23:20

9/1 (月) ※アメリカ、カナダ休場
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 過去6回分のブレ幅は平均0.13ポイントだけ。しかも予想通りまたは上振れのみ。
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI確報値 - 確報値なのでほとんど動かないか。
15:00 (GE) de
 GDP確報値 - 確報値なので一応、というレベル。
16:55 (GE) de
 PMI製造業確報値 - 製造業PMIの確報値はドイツだけ注意すれば十分。
17:30 (UK) gb
 製造業PMI - ここ最近はやや大きめにブレる/ほぼ予想通りの2択ばかり。

9/2 (火)
10:30 (AU) au
 経常収支、住宅建築許可件数 - 後者は大きくブレやすい。
13:30 (AU) au
 RBA政策金利 – 31/31人が据え置き予想。先月からは地政学的リスクが増した程度で据え置きは確実。
17:30 (UK) gb
 建設業PMI - 英経済は住宅市場が牽引している事もあり、最近割りと動く指標。
18:00 (EU) EU
 PPI m/m - 今は恐らく欧州のPPIにすら市場は敏感。但し大きく動いても10、20pips程度だろう。
23:00 (US) us
 ISM製造業 - 上振れたり下振れたり、二択だとランダム性の高い指標。

9/3 (水)
10:00 (CN) cn
 サービス業PMI - ほとんど動かないか。
10:30 (AU) au
 GDP q/q - 最近は経済環境が落ち着いたせいか、ブレても0.1、0.2%程度。
12:20 (AU) au
 スティーブンスRBA総裁講演 - 事前原稿有りで恐らく時間キッカリに通信社にヘッドラインが出てくる。
17:30 (UK) gb
 サービス業PMI - 英指標は動きやすい。
18:00 (EU) EU
 欧州GDP改定値 - 改定値なので注目度は低い。
23:00 (CA) ca
 BOC政策金利 – 18/18人が据え置き予想。だが最近は据え置きでもCADは動く事が多い。
27:00 (US) us
 ベージュブック - 夜遅くまで起きていても無駄に終わる可能性が高い指標No.1。

9/4 (木)
10:30 (AU) au
 貿易収支、小売売上高 - 後者の方が圧倒的に重視される。
12時頃 (JP) jp
 日銀政策決定会合 - 追加緩和期待がある訳では無いが円安に振れている今は若干据え置きで円高に傾きやすい。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - どこかがまたライブ中継するはず。日本人に一番有利なイベント。
20:00 (UK) gb
 BOE MPC会合 - 利上げがいつになるのか非常に注目されてはいるが、MPCはノンイベントだろう。
20:45 (EU) EU
 ECB政策金利 - 日曜日時点で5/55人が利下げ予想 (BNPパリバ、野村、RBSなど)。
21:15 (US) us
 ADP雇用統計 - 逆張り指標として名高いが、そろそろ安易な逆張りには注意した方が良い。
21:30 (US) us
 貿易収支、新規失業保険申請件数 - 市場の注目はそれよりもドラギ総裁の会見。
 〃  (EU) EU
 ドラギECB総裁会見 – QEを正式に発表するのか否か、どこまで踏み込むのか等々、非常に注目される。
23:00 (US) us
 ISMサービス業 - ISM製造業よりは注目度が劣る。20pips程度の動きが出れば十分だろう。

9/5 (金)
21:30 (US) us
 NFP失業率 – 市場の注目は18日FOMC。やや注目はされるが、これだけで金融政策に影響はほぼ出ない。
 〃  (CA) ca
 雇用ネット変化率失業率 - NFPと同時発表なので難しい。瞬間的にはNFPの影響の方が強い。


まずRBA会合ではほぼ何も無いだろう
4月からずっと0.92~0.95の狭いレンジでAUDUSDは安定している
最近のオージー指標はぼちぼちで、思い当たる外部のリスク要因は地政学的リスクだけ。
RBA声明にはほぼ変化は見られないだろう
その翌日の講演では多少強い口調での為替高牽制が出る可能性はある。
だがCPIがターゲット上限近辺でAUDUSDがそこまで高くない以上、限定的だろう。

NFPでは勿論動くだろうが、1回のNFPが9月FOMCに与える影響は小さい
予想より大幅に強ければ9月FOMCでタカ派な文言になるとの期待が先行してUSD買いとなる可能性はある。
が、少し長い目で見ればNFPの影響はごく短期的なものに留まるだろう。

いよいよ利上げに向けた地ならしが始まると期待されているFOMCがある9月が始まり
月初めのフロー、FOMCそしてECB会合に向けた思惑でボラティリティがいよいよ高まる可能性が高い
7月前半にJPM G7ボラティリティ指数は過去最低を記録して現在はやや反発してきている段階だが、
これが継続的にボラティリティの上昇に繋がるかどうか、要の月になる。
特にイベントが集まっている月初はポジション整理を含めた急激な動きに気を付けたい


NFPより何より、来週の注目はECB会合
ECBスタッフ予測通りにCPIが上昇せず、ユーロ圏経済の低迷が顕著になっており、追加緩和期待が高い
4日の政策金利発表では、現在時点で各種金利は4、5行のエコノミストのみがカットを予想している。
(ECB会合に近付くに連れて予想を変更する金融機関は恐らく増えるが。)
既にマイナスとなっている中銀預金金利を含めて、だ

今サプライズで金利を引き下げれば現在のEUR安トレンドが加速する可能性は高い。
ここで実際にそうなれば一層のEUR安でディスインフレ傾向に歯止めが掛かるのかも知れない。
だがECBは一枚岩ではなく、常に市場に対して後手にまわっているという批判は多い
ユーロ圏高官から過度な期待を抑制するような発言は実際に出ている。

市場関係者の過半数の意見としては、金利は据え置き
27日に資産運用業で世界最大手であるブラックロックをABS購入計画のコンサルタントに
ECBが指名したとの報道があったが、この短期間で設計し4日に発表するかは疑問
来年3月までにQEを実施する、というのが市場の見方で、そこまでECBが急ぐとも思えない。
更には9月18日にはTLTROの第一回入札も控えている
可能性として残るのは、4日の記者会見で「来月に発表する」と予告する程度だろう。


どんな結果になるにせよ、いよいよ待ちに待った9月
今までの低ボラティリティからマインドを切り替えて、予期せぬ大相場にも対応出来るようにしておきたい。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:1 |
今週の予定 - 市場関係者が息を呑んで見守る毎年恒例のジャクソンホールシンポジウム。
2014-08-21 Thu 22:13

8/18 (月)
特に無し。

8/19 (火)
7:45 (NZ) NZ
 PPI q/q – ほぼ動かない。
10:30 (AU) au
 RBA議事録 - 5日会合時点では対ドルで0.93ドル台前半で推移していたので、特段変化は無さそう。
17:30 (UK) gb
 CPI y/y - 前月比、前年比、コア、PPI等が全て同時刻に出るので割りと難しい指標。
21:30 (US) us
 CPI、住宅着工件数、建築許可件数 – CPIが一番重要だが米CPIは大きくブレる事が少ない。

8/20 (水)
8:30 (AU) au
 スティーブンスRBA総裁証言 - 下院の経済委員会にて。証言開始と同時に内容がRBAウェブに載るとの事。
8:50 (JP) jp
 貿易収支(通関ベース) - 最近はあまり動かない。が、一応小さなトレンドは出来やすい。
17:30 (UK) gb
 MPC議事録 - 大イベントになりそう。利上げ票が有ったにしろ無かったにしろ、大きく動く。
27:00 (US) us
 FOMC議事録 - 7月末の分なので特段大きな変化はあるとは思えない。

8/21 (木)
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI - 速報値。20、30pips程度は動くか。
16:00 (FR) FR
 製造業、サービス業PMI - 速報値なので一応。
16:30 (GE) de
 製造業、サービス業PMI - 最近は独経済への懸念が高まっており、いつもより注目度は高いかも知れない。
17:30 (UK) gb
 小売売上高 - 毎回大きく動く指標。2013年~のブレ具合は凄まじい。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数 – 10pips程度動けば十分な指標。
23:00 (US) us
 PHI連銀製造業景況指数 - 最近この指標は大幅に解離する事が少なくなった。

8/22 (金)
9:00 (US)
 イエレン議長講演テキスト - NY時間21日午後8時=東京時間22日午前9時?に公表との事。
ジャクソンホールシンポジウム詳細公表 - 議題や学術論文が公表されるだけ。
21:30 (CA) ca
 小売売上高CPI - 未だにカナダ指標での動きは良い。30~50pips程度動きそう。
23:00 (US) us
 イエレンFRB議長講演 - ジャクソンホールにて。事前原稿有り。23時丁度に公表されるのだろう。
27:30 (EU) EU
 ドラギECB総裁講演 – “The text will be made availabe … after delivery


時間が無いので簡単に。

RBA会合の際はAUDUSDが0.93台前半での推移だったので議事録で強く為替に言及する事は無さそう
しかしその翌日の経済委員会での議会証言は、今の水準でさえ要注意
集計方法に変更があったとはいえ失業率の高まり等を考えるとAUDへの強い言及も可能性として有り得る。
だがCPIy/yがターゲット上限の3%に達している最中、通貨安誘導は難しい部分も有りそう。

MPC議事録では、1、2名が利上げ票を投じたというのが市場のコンセンサス
利上げ票が2票であったら恐らくGBPは大きく買われるのだろう。
目先GBPが割りと売り込まれている中、1票でも割りと買われる気はするが定かでは無い。
一番のリスクは0票で、その場合はかなり大きくGBPが下落するかも知れない。
発表1時間前程度からGBPはbiddishになる可能性有り。
そうなった場合で利上げ票1票だと事実売りの可能性も。

そしてジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演。
市場参加者が固唾を呑んで見守っている。
事前原稿有り、Q&A無しとの事で、恐らく23時きっかりに通信社から原稿が出てくるパターン
NY時間21日午後8時 = 東京時間22日午前9時?に公表との事。
→学術論文や議題等の発表が日本時間9時みたいで、イエレン議長のテキストは23時?
(2012年のバーナンキ議長の際も、講演原稿は23時に公表だった。)



自分の中でのイエレン議長というのは、ハト派というよりはデータ本位。
緩慢な賃金上昇率や労働参加率の低下を考えると性急な利上げは考えにくい。
マーケットを大幅に下落させるような事をFEDが望むとは到底思えない。
個人的にはそこまでタカ派では無いと考えている。
バランス型で思った程タカ派じゃなかった、で終わるのでは無いだろうか。
(但し、まだリサーチをしっかりしていないので断言は出来ない。)



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:4 |
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。