スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - ようやく動きが出る週に。
2014-04-28 Mon 23:49

bandicam 2014-04-28 22-21-13-897

4/28 (月)
23:00 (US) us
 中古住宅販売保留 - 最近は住宅指標がかなり悪い。この指標も8ヶ月連続予想を下振れ中。

4/29 (火)
7:45 (NZ) NZ
 貿易収支 - NZ指標はスプレッドが広がりやすいが、貿易収支でも多少動く。
17:30 (UK) gb
 GDP速報値 - 最近はややGBP下落を見込む声が大きい気がする。
21:00 (GE) de
 CPI速報値 - 翌日の欧州HICPに向け、非常に注目される。
23:00 (US) us
 消費者信頼感指数 - 最近は20pips程度動けば良い方。

4/30 (水)
----- (JP) jp
 日銀政策決定会合 - 変更は見込まれていないものの、常に緩和期待がある為発表後の円高に注意。
15:00 (JP) jp
 日銀展望レポート - これを受けて大きく動く事は考えにくい。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - 恐らくどこかがネット中継するはず。日本人は有利。
18:00 (EU) EU
 HICP速報値 - 追加緩和を占う上で非常に注目されている。ブレればEURは大きく動くだろう。
21:15 (US) us
 ADP雇用統計 - 基本的には市場参加者は逆張り目線で見ているはず。
21:30 (US) us
 GDP速報値 - ブレやすい指標なので注意したい。
  〃  (CA) ca
 GDP m/m - 米GDPと同時発表なのでややこしい。
27:00 (US) us
 FOMC会合 - 着々とテーパリングは進む。大きな変更は無いだろうが、動くだろう。

5/1 (木) ※中国、香港、欧州各国、インド、シンガポールなどがメーデーの為休場
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 極端に大きく乖離した数値を出すとは考えにくいが、20、30pips程度動くかも知れない。
17:30 (UK) gb
 製造業PMI - 最近の英指標はほとんど予想通りでも動く事が多い。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数、個人消費 - イエレン議長の講演と同時刻なのでやりにくい。
  〃  (US) us
 イエレンFRB議長講演 - 地方銀行の集まりにて。事前原稿等は不明だが恐らく有りそう。
23:00 (US) us
 ISM製造業 - 20、30pipsは動くかというところ。

5/2 (金)
10:30 (AU) au
 PPI q/q - 割とブレやすく、10pips程度は動くかもしれない。
16:50 (FR) FR
 製造業PMI確報値 - フランス製造業PMIの確報値なのでほとんど注目されない。
16:55 (GE) de
 製造業PMI確報値 - やや注目されるという程度だが、確報値なので大きくはブレない。
17:30 (UK) gb
 建設業PMI – 20pipsも動く事はあまり無いという印象。NFP前という事もあり大きくは動かないか。
21:30 (US) us
 失業率NFP - 最近は大きく動くイベントが無く、短期的な流れを左右する重要なイベントに。


火、水、木、金と大型指標が相次いで発表される週に
日本はGW、木曜はメーデーで世界各国が休みだが、大きく動く事になりそうだ。


ECBによるQEはもはや既定路線、というレベルにまで期待が高まっている
それを占う上では独CPI、そして何よりもEUのHICP速報値が非常に重要になる
イースターがあった4月分の速報値なので、いつもよりブレやすい可能性があり、注意したい。

FOMCでは特段の変更は見込まれていない
声明で天候要因による一時的な経済下押しからの脱却、そして住宅市場の伸び悩みが指摘されるか。
あまりハト派な声明は考えにくいと思われ、USDの下支え材料になりやすい。


そして今週は何より日銀政策決定会合に注目したい。
エコノミスト予想は100%据え置きとなっているが、一部では常にサプライズ緩和を
期待する声がある
もので、発表後に円高になる可能性は非常に高い
但し、皆が皆発表後の円高を見込んでいると思われ、持続性は疑問。

しかしながら、CPIの推移(一番上の画像)を見る限り、追加緩和が本当に必要なのか
春~夏にかけてCPIが伸び悩むので追加緩和が必要、との市場の解釈ではあるが、
そうなるとまずはデータとしてCPI伸び悩みが確認されてから追加緩和となるのでは無いか。
今この段階で急に追加緩和をするという事は、中銀の見通しが当てにならないという事になり、
更には市場とも意思疎通が出来てない、という事で中銀のcredibilityが落ちると見なされる気もする。

確かにCPI上昇に関して重要なファクターであるドル円と日経平均の一段の上昇には、
サプライズ性に富み市場期待を上回るような追加緩和が必要にはなるのだろう
credibilityと実効性のある追加緩和、という狭間で揺れ動くとすれば、追加緩和は夏~秋になるのでは。
(あくまでも個人的な予想です。)

あまり円安材料は出てこないと思われるので、円高目線で日銀会合に臨んでみたい。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:3 |
来週の予定 - マクロ指標がちらほらと。東京CPIがにわかに注目されそう。
2014-04-18 Fri 20:53

4/21 (月) ※豪、NZ、独、英、仏、伊休場
8:50 (JP) jp
 貿易収支(通関ベース) - 小さなトレンドが出来る事が多い指標。

4/22 (火)
23:00 (US) us
 中古住宅販売件数 - 動いても10pips程度だろう。

4/23 (水)
10:30 (AU) au
 CPI q/q - 最近は豪指標の上振れが顕著。目線としては上かも知れない。
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI速報値 - 速報値なので注目度が高い。30pips程度は動くか。
16:00 (FR) FR
 製造業、サービス業PMI速報値 - 先月末からPMIはきっかりと時間通りに各社が発表するように。
16:30 (GE) de
 製造業、サービス業PMI速報値 - 独PMIはやはり注目度が高い。20、30pipsは動くだろう。
17:00 (EU) EU
 製造業、サービス業PMI速報値 - ほとんど影響力は無いが、一応。
17:30 (UK) gb
 MPC議事録 - 大して中身が気にされるとは思わないが、英指標は動くと思われる。
21:30 (CA) ca
 小売売上高 – 注目度は落ちても未だCADは今年注目の通貨。20pips程度は動くか。
23:00 (US) us
 新築住宅販売件数 – 15pips程度動けば上出来。

4/24 (木)
6:00 (NZ) NZ
 RBNZ政策金利 – 15/15人が利上げ予想なので、事実売りになりやすい。
17:00 (GE) de
 IFO景況感 - 大抵いつも時間ピッタリには出てこない。ZEWと同様、長続きはしづらい指標。
18:00 (EU) EU
 ドラギECB総裁講演 - 蘭中銀200周年記念イベントでのスピーチ。
21:30 (US) us
 耐久財受注新規失業保険申請件数 - 前者は元々ブレが大きい指標なので注意したい。

4/25 (金)
8:30 (JP) jp
 全国CPI東京CPI - 東京CPIは増税後4月分なので、かなりブレやすい。注意したい。
17:00 (CH) ch
 ジョーダンSNB総裁講演 - ベルンで行われるSNBの株主総会でのスピーチらしい。
17:30 (UK) gb
 小売売上高 - 最近は割とブレが大きく、かなり派手な動きになる事も。
22:55 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 確報値なのであまり動かないだろう。


月曜日はまだ多くの国がイースターホリデーで、火曜日までほとんど指標が無い。
水曜日から本格的にマーケットが再開しそうだ

チラホラと中~大型マクロ指標がある週になる。
RBNZ政策金利は100%利上げが織り込まれており、それを想定した動きになりそう。
1、2日前に強含んだり、直前に事実売りとして下げるかも知れないし、もし事実売りで下げたとしたら
それで事実売りは完了で声明で利上げサイクル継続をして逆に買いが入る可能性も。
前回は散々事実売りが叫ばれながらもそういうような動きだった。
ただ先日のCPI下振れで利上げペースに変化があるかは注目されそう
その点からしてもしサプライズがあるとすればダウンサイドだろう。


最後に、普段は見向きもされない東京CPIには警戒をすべきかも知れない
全国CPIは未だ3月分なのでほとんどブレはしないだろうが、東京CPIは4月分で、
ヘッドラインに至っては先月の1.3%に大して4月は3.1%上昇予想となっている。
3.1%と聞くと、かなり衝撃的な数値なように思える。

CPIは普段からブレにくい指標だが、今回ばかりはかなり予想がばらついており、
東京CPIヘッドラインは2.8%~3.6%と予想に幅がある
つまりはブレやすく、その分xxx円が動きやすいという事だ。

一般的に考えればCPI上振れ=通貨高、なのでxxx円は売られるだろう。
追加緩和時期の先延ばしも想起されると思われるので、予想以上に大きな値動きになる可能性も。
ただし4月分の全国CPIは5月下旬に発表なので、まだ来週は前哨戦。
更には、4月分は増税による一時的な影響に間違いないので、動いたとしても継続性は疑問。
振り回されないように、予め動くかも知れないという事は頭に入れておきたい



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
今週の予定 - 週末はイースター。ECBと日銀に対する思惑に注意。
2014-04-16 Wed 12:32

kuroda-abe-480x300

4/14 (月)
21:30 (US) us
 小売売上高 - 動いて30pips程度、というところ。

4/15 (火)
10:30 (AU) au
 RBA議事録 – 先日の会合では大した通貨高牽制は無かった。目先のAUD高もあり要注目。
17:30 (UK) gb
 CPI – 最近は欧州のCPIと連動しており、英CPIも低下傾向に。
18:00 (GE) de
 ZEW景況感 – ADP雇用統計と並ぶ逆張り(専用)指標。
21:30 (US) us
 CPI - 米CPIはブレにくいし、更には相場もそんなに動かないだろう。
21:45 (US) us
 イエレンFRB議長講演 – アトランタ連銀による金融市場会議へビデオ会議という形で冒頭声明を発表。

4/16 (水)
7:45 (NZ) NZ
 CPI q/q - 四半期に一度なのでブレやすいし動きやすい。
11:00 (AU) au
 GDP、固定資産投資、小売売上高、鉱工業生産 - 貿易収支の下振れ等で目線は幾分下か。
15:15 (JP) jp
 黒田日銀総裁講演 – 信託大会にて。追加緩和について何かあるか気になるところ。
17:30 (UK) gb
 失業率失業保険申請件数 - ガイダンスが変更になったとは言え、未だに動く指標。
18:00 (EU) EU
 HICP確報値 - 速報値と変わらず、との予想が大勢。過度に悲観的になり結果EURの揺り戻しも有り得る。
21:30 (US) us
 住宅着工件数、建築許可件数 – 10pips動けば良いというクラスの指標。
23:00 (CA) ca
 BOC政策金利 - 先月から指標の改善が著しいが、住宅市場の加熱感は一服したという感覚。ノンイベント?
25:25 (US) us
 イエレンFRB議長講演 - NYエコノミッククラブにて。事前原稿等は不明だが恐らくあるか。
27:00 (US) us
 ベージュブック - 相場が動く事はほとんど無い。

4/17 (木)
9:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁講演 - 支店長会議にて。テキストはいつも通りなら9時半頃出るとの事。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数 - 10、20pips程度は動くか。
  〃  (CA) ca
 CPI - まだCADは注目ペアなので、CPIでも20、30pips動くだろう。
23:00 (US) us
 フィラデルフィア連銀製造業景況指数 - ブレやすい指標なので突発的な動きには注意したい。

4/18 (金) ※イースター前のグッドフライデーの為主要国は休場。
特になし。


コメントは今週はお休みです。

別窓 | 来週の予定 | コメント:1 |
来週の予定 - あの異次元緩和から一周年。日銀は市場から試されそう。
2014-04-05 Sat 10:46

※オーストラリア、NZが冬時間へ移行。

4/7 (月)
19:30 (EU) EU
 バイトマンBUBA総裁講義 - 講義後、蘭中銀のクノット氏とディスカッションの予定。
22:00 (EU) EU
 コンスタンシオECB副総裁証言 - EU議会での証言。

4/8 (火)
8:50 (JP) jp
 国際収支(貿易収支、経常収支) - いつものごとく、小さなトレンドが出来るか。
----- (JP) jp
 日銀政策決定会合 - 追加期待がある訳では無いが、発表後の円買いには注意。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - 今回から会見開始と同時に報道が可能に。
17:30 (UK) gb
 鉱工業生産 – ある程度乖離すれば30、40pips程度動くかも知れない。
25:30 (EU) EU
 バイトマンBUBA総裁講演 - 今はECB関係者の発言には注意したい時期。

4/9 (水)
17:30 (UK) gb
 貿易収支 - この週は指標が少ないので、一応。10pips動けば上出来。
23:00 (EU) EU
 クーレECB理事講演 - ワシントンでの講演。27時にはパネルディスカッションも。
27:00 (US) us
 FOMC議事録 - 失業率目標の撤廃が行われたFOMCの議事録。やや注目される、という程度。

4/10 (木)
10:30 (AU) au
 失業率新規雇用者数 - 水準にもよるが、上振れの場合のストップ突き抜けは特に注意したいか。
----- (CN) cn
 貿易収支 - 概ね11時前後、たまに12時前後。AUDは結構動きそう。
15:45 (FR) FR
 CPI - 先日はスペインのCPI y/yのマイナス圏突入でEURが結構売られたので、一応注意。
20:00 (UK) gb
 BOE会合 - 特段変更は見込まれていないので、ノンイベントだろう。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数 - 10、20pips程度は動くか。
22:00 (EU) EU
 プラートECB理事講演 - クーレ理事と同じく市場を騒がせる事が多いので若干注意。

4/11 (金)
10:30 (CN) cn
 CPI - PBOCが行動するとは思えないが、結果を受けAUDやJPYは多少は動くだろう。
15:00 (GE) de
 CPI - 改定値。今はユーロ圏のCPIに敏感なので注目されるはず。
22:55 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 速報値。10、20pips程度動くかも知れない。
----- (PO、DN、SW) PO DN SW 
ポルトガル(フィッチ)、デンマーク(ムーディーズ)、スウェーデン(ムーディーズ)格付け発表


昨日のECBには市場は踊らされる事となった。
結局口先だけの状況は続き今度はQEの思惑に市場は乗せられEURが売られる事に。
だがユーロ圏のQEに関しては問題が山積しており、一筋縄ではいかない
EUR安が鈍いのはそういった背景が関係しているのだろう
しかし、結局のところ今年後半のECBによるQE導入はどんどんと見込む向きが増えており、
そういった意味では今このトピックが熱い内はECB関係者の発言には注意したいところだ。
(つい先程、最大1兆ユーロの債券(資産?色々含む?)購入を試算との独紙の報道。)

さて、来週は日銀政策決定会合
今日4日であの異次元緩和の決定から丁度1年で、ぼちぼちと追加緩和期待が台頭してくる頃だろう。
来週の会合に至っては追加緩和期待はほぼゼロだが、それでも期待するのが市場
発表後の円高にはくれぐれも注意したい。

また、先月ようやく発表があり、日銀が会見内容の報道を開始と同時に変更した
FedやECBはライブ中継を行っている中、日銀だけは記者クラブ制度もあり会見終了後に内容が
オープンになるという昔ながらの慣行が続いていたが、やっとそれが変更になる。
なので15時半の会見開始と同時にヘッドラインが入ってくるので注意したい



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:2 |
来週の予定 - Q1が早くも終わり。期初フローやECBが撹乱要因か。
2014-04-02 Wed 22:19

vol index
(JPモルガンG7通貨ボラティリティ・インデックス)

3/31 (月) ※英、欧州各国が夏時間に移行。
18:00 (EU) EU
 3月EU CPI予想 - 追加緩和はこの結果次第という程重要。ECB理事会前なのでかなり注目される。
21:30 (CA) ca
 GDP m/m – 20pips程度は動くかも知れない。
22:42 (US) us
 シカゴPMI - 最近はあまり動かないが、10、20pips程度は相場を動かす力がある指標。
22:55 (US) us
 イエレンFRB議長講演 - 開発会議での基調講演。事前原稿が有るかは不明。

4/1 (火)
8:50 (JP) jp
 日銀短観 - 動きはそこまで強くないだろうが、追加緩和への思惑に繋がりやすい。
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - オフィシャルな方。中国経済への懸念は強いので思わぬ動きに注意したい。
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI改定値 - 改定値なので動きは鈍いと思われるが、動く指標。
12:30 (AU) au
 RBA政策金利 – 0.92台半ばまでAUD/USDは上昇。通貨高にある程度懸念を示すというのがコンセンサス。
16:55 (GE) de
 製造業PMI改定値 - 先週月曜日からPMIはロイターも時間通りに発表に変更。
17:30 (UK) gb
 製造業PMI - 英指標は未だ動く。30~50pips程度の動きになるか。
23:00 (US) us
 ISM製造業 - 天候要因相場は一巡。雇用統計前なので注目される。

4/2 (水)
9:30 (AU) au
 住宅建築許可件数 - よくブレる指標。10、20pips動く事も。
17:30 (UK) gb
 建設業PMI - 最近は割と建設業PMIでも動く事が多い。
18:00 (EU) EU
 PPI - 翌日にECB理事会を控え、PPIにも若干注意したい。
21:15 (US) us
 ADP雇用統計 - 基本的には逆張りすべき指標。

4/3 (木)
9:30 (AU) au
 小売売上高貿易収支 - 小売売上高は基本0.3、0.4%程度の乖離に留まる事が多い。
11:00 (AU) au
 スティーブンスRBA総裁講演 - 事前原稿は不明だが大抵はある。
16:55 (GE) de
 サービス業PMI改定値 - 独PMIだがサービス業で改定値なので、ほとんど動意は無いだろう。
17:30 (UK) gb
 サービス業PMI - 製造業PMIと同様、30~50pips程度の動きは想定しておきたい。
20:45 (EU) EU
 ECB政策金利 - refi金利カットは2/52のエコノミストだけが予想。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数、貿易収支 – ドラギ総裁会見前で少々忙しく長続きはしないか。
  〃   (EU) EU
 ドラギECB総裁会見 - 今後の追加緩和に関してアナリストの見方は分かれている。
23:00 (US) us
 ISMサービス業 - 先月大幅に悪化した雇用指数の回復が確認されればUSDは底堅いかも知れない。

4/4 (金)
21:30 (US) us
 失業率NFP - 余程の事が無い限りTaperingは続く。上振れの方が材料視され易いだろう。
  〃   (CA) ca
 雇用ネット変化率失業率 – NFPと同時刻なのでかなり難しい。
23:00 (CA) ca
 Ivey購買部協会指数 - 少し動く事がある。


体調を崩したりで2週間ぶりの更新( ・ ・;)

とにかく暇な相場が続いている
3ヶ月物アット・ザ・マネーのIVを基に算出されるJPモルガンG7ボラティリティ指数はかなり低い水準
ここ6年では最低水準で推移しており、来るところまで来た感はある。
後は動意待ちなのだが・・・相場全体を動かす材料に乏しいのが今の相場
目の前にあるマクロ材料を毎週こなしていくしか無い。


AUD/USDは0.92台にまで回復し、市場の目線はRBAの通貨高牽制に。
通貨高牽制があるだろうとの認識が広がっており、コンセンサスと言っても良い
なので実際にあった場合にも下落は小さく、逆にアップサイドリスクが高いだろう
ただRBA会合の2日後には総裁が商工会議所での講演を控えており、万が一RBA声明で通貨高牽制の
トーンが弱いとみなされAUD急上昇となれば、その場で改めて少し強めの牽制が出るだろうか。

米に関しては、失業率目標が撤回されたので幾分市場の注目は落ちた。
◯◯ショックと呼ばれる程の出来事が無い限りはTapering続行は間違いない
となると、NFPが一時的に弱くなってもUSD安も一時的なものに留まるだろう。
逆にNFPが強い金利急騰や早期利上げ懸念USD高というシナリオの方が想像しやすい。

最後に、見方が別れているのがECBの今後
金融機関の見方は以下の様なもの(要約)。

【Goldman Sachs】
・次回理事会でrefi金利及び中銀預金金利のカットには合理的な可能性
・それには2つの条件があり、CPIの緩みと1.40に近いレベルのEUR高だ
・もしECBが来週行動しなければ余波でEURは上昇するだろう


 

【BofAML】
・今年ECBは非伝統的政策に引きずり込まれる可能性があり、EUR相場を一変させる可能性
・コアCPIはEURの見通しにおいて最重要ファクター
・為替市場はECBの追加緩和に対して準備が出来ていない

 

【Credit Suisse】
・ECBの追加緩和に対する織り込みは間違っている可能性
・理事会は投資家を失望させるかも知れない

 

【BNP Paribas】
・今年後半のQEを投資家が織り込みつつある

 

【Commerzbank】
・ECBは来週行動しない
・追加緩和期待は増大した
・CPIに緩みが見られればECBのEUR高に対する忍耐力は低下する可能性

 

【ING】
・低く抑えられているM3は追加緩和の必要性を示しているかも知れない
・だが中銀はそれに対して抵抗するだろう
・回復が持続している為、ECBは実際の行動よりも口先の戦法を取ったように見える

全体的に見て、いまいちECBに対しては見方が定まっていないように思える
だが最近、ある訳無いと思われていたECBによるQEが少し現実味を帯びてきた
というのも先日、タカ派で知られる独連銀総裁のバイトマン氏が市場を動揺させる場面があった。
2日前に同氏は、突如マイナス金利やQEも容認する姿勢を示し、EUR高が懸念だとハッキリ示した
つい先日までは低金利継続に対して警鐘を鳴らして人物が、だ

ECBは伝統的にユーロ圏を代表する独連銀には強く配慮していると言われている
この最後の砦の門が開かれた今、ECBの突然の変化には警戒すべきだろう。
今週の理事会でいきなりそれが見られるかは分からないが、ドラギ総裁は突拍子のない人物。
一部が噂しているQEに関して少々踏み込んだりする可能性も無いとは言えない。
(技術的にはマイナス金利とQEはトレードオフの関係みたいだが・・・。)

FX市場のボラティリティがかなり低く、ECB理事会に対して市場参加者が事前に
ポジションを組んでいない今だからこそ、一層突然の大相場には警戒したい。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:7 |
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。