スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - 盛り上がりに欠ける週だが・・・
2014-02-25 Tue 18:06


fx vol(黄:ドイツ銀FX Vol指数、緑:JPモルガン・グローバルFX Vol指数、紫:JPモルガン・G7 Vol指数) ※weekly

2/24 (月)
18:00 (GE) de
 IFO景況感 – 発表済み。
19:00 (EU) EU
 HICP - 同上。

2/25 (火)
19:00 (EU) EU
 EU冬季経済見通し公表 - 少し動く事もあるが、誤差の範囲。
24:00 (US) us
 CB消費者信頼感指数 - 動いて20pipsといったところ。

2/26 (水)
18:30 (UK) gb
 GDP改定値 - 改定値なので速報値よりは注目度が劣る。事前の動きにも注意したい。
24:00 (US) us
 新築住宅販売件数 – 10pips動けばいい方。

2/27 (木)
15:45 (CH) ch
 GDP - CHFは指標ではほぼ動かないので、5pipsでも反応があれば上出来。
22:00 (GE) de
 CPI -  ECBによる追加緩和期待が高まっており、少し反応するかも知れない。
22:30 (US) us
 耐久財受注新規失業保険申請件数 – 先月は耐久財受注が衝撃の下振れ。
27:30 (EU) EU
 ドラギECB総裁講演 - 「経済の安定性と中銀の役割」について。来月理事会に向け一応注意。

2/28 (金)
8:30 (JP) jp
 全国CPIコア - 追加緩和期待が高まっており、一応は注意。
19:00 (EU) EU
 HICP予想 - 月曜日のは1月HICP、今回の分は2月HICPの予想(フラッシュ)。
22:30 (US) us
 GDP改定値 - 悪天候でブレやすいか。だが悪天候は織り込み済みで、リスクオフは限定的かも知れない。
  〃  (CA) ca
 GDP m/m - USDCADは未だ注目されているペアなので、多少は動くかも。
23:42 (US) us
 シカゴPMI – 20pips程度動けば上出来。
23:55 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 確報値なのでほとんど動かないか。
24:00 (US) us
 中古住宅販売件数 - 動いて10pips程度。

3/1 (土)
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 週末の発表なのでAUDやJPYの持ち越しは避けるべき。



GDPも改定値で重要な指標は特段無く、翌月第一週に向けて模様眺めの週になりそう
だがユーロ圏の1月HICPに2月HICP予想が公表されるなど、動く要素はある。
今現在、ECBへの追加緩和期待が最も高く来週はECBがメインの週になるだろう。


トップ画像は、FXのボラティリティを示す3種類の異なる指数のウィークリーチャート
(ドイチェFX vol index、JPM global FX vol、JPM G7 FX vol)
通貨のボラティリティはもう下がるところまで下がっており、後は反発待ちだ

最近のダウ平均のチャートが1929年の大恐慌時の急落と似ていると話題になったり、先週のブログ
(http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-282.html)でも書いたがアジア通貨危機辺りの
ドル円のチャートや出来事が似ている等、そろそろ何か大きな動きがあるのではとは思う
悲惨な米指標にも関わらず何度叩かれても復活するダウ平均や新高値を記録したS&P 500には
どこか異様な雰囲気を感じざるを得ないし、1月のプチクライシス~S&Pの新高値は2008年3月の
ベア・スターンズが破綻した時と同じような相場なのでは、と思わずにはいられない。

だが、あくまでも全て憶測で根拠は無い
確かに大恐慌時と現在のダウ平均のチャートは似せようと思えば似せれた。
が、話題になっている画像は意図的に似せたとも思えてしまう。

INDU

当時は靴磨きの少年ですら株式市場に参入しているようなバブル末期の症状だったとの
話は有名で、DMA(50,100,200)から大きく乖離するような状況だった
が、現在はそんな状況には無く、あくまでも「ジリ上げ」の範疇に見える。
余程の外的ショックが無い限りはダウ平均が数十%暴落する自体は考えにくいだろう。


どころで、サイクル論で有名なメリマンサイクルでは3月2日~5月20日は火星の逆行に入るらしく、
その間は突発的なトレンド転換が起きやすい、とツイッターでフォローさせて貰っている方のコメント。


12
金融占星術と聞けば大分胡散臭いが、「サイクル論」というのは一概に馬鹿に出来るものでも無い。
大イベントと呼ばれる金星の逆行が話題になる時は大きく動く時が多い(気がする)。

3月2日から突発的なトレンド転換が起きやすいとなると、やはり鍵は来週
ECB理事会NFPがこの膠着相場を打破するキッカケになるのかも知れない。
取り敢えず、今週はそれに備えてマッタリと。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
来週の予定 - トレンドレス相場はそろそろ終わりか。1995~1998年との奇妙な相似。
2014-02-14 Fri 22:52

USDJPY 1998 vs 2014
上の赤丸:1998年Q1 下の赤丸:2014年Q1


2/17 (月) ※米、カナダ休場
6:45 (NZ) NZ
小売売上高 – 四半期に一度の小売売上高の発表。ブレやすい。
8:50 (JP) jp
GDP速報値 - 結果次第では円相場にも影響しそう。

2/18 (火)
9:30 (AU) au
RBA議事録 - 豪ドル高への言及が削除された会合分の議事録なので注目が集まる。
----- (JP) jp
日銀政策決定会合 - まだ日銀は99%動かない。発表後の円高には注意。
----- (JP) jp
黒田日銀総裁会見 - 追加緩和時期を探る質問はあるだろうが、あまり材料にはならないか。
18:30 (UK) gb
CPI – 訳の分からないインフレレポートの「進化」により、CPIの影響力は以前より幾分低下。
19:00 (GE) de
ZEW景況感 - Mr.逆張りすべき指標。
22:30 (US) us
NY連銀製造業景況指数 - ブレやすい指標。

2/19 (水)
18:30 (UK) gb
失業率失業保険MPC議事録 - ある程度反応はするだろうが、先月程の注目があるかは疑問。
22:30 (US) us
住宅着工件数、建築許可件数、PPI - 動いても10 – 15pips程度だろう。
28:00 (US) us
FOMC議事録 – Taperingは自動操縦モードとの見方が圧倒的で、以前より注目度は低い。

2/20 (木)
6:45 (NZ) NZ
PPI q/q - ほとんど動かないか。
8:50 (JP) jp
貿易収支 - 小さなトレンドが出来る事が多いので一応注意したい。
10:45 (CN) cn
HSBC製造業PMI - 先月、プチクラッシュが起きるキッカケ?になったので要注意。
16:00 (GE) de
PPI - ほとんど影響が無いとは思うが、3月ECB追加緩和の思惑もあるので一応。
16:58 (FR) FR
製造業・サービス業PMI速報値 – 5、10pips程度動くだろうか。
17:28 (GE) de
製造業・サービス業PMI速報値 - 特に独PMIの下振れはECB追加緩和の思惑台頭へと繋がる。
22:30 (US) us
CPI新規失業保険申請件数 – 米CPIはブレにくい。
22:58 (US) us
製造業PMI速報値 - ほとんど注目されない米PMIだが、市場が極端に過敏だった場合は一応注意。
24:00 (US) us
PA連銀製造業景況指数 - NY連銀指数と同様、ブレやすい。

2/21 (金)
18:30 (UK) gb
小売売上高 - 英指標は動く。先月はヘッドラインが+2.3%も乖離し、2分で90pips程度上昇。
22:30 (CA) ca
小売売上高CPI – USD/CADには未だ注目が集まっているので動きやすいだろう。
24:00 (US) us
中古住宅販売件数 - 動いても10pips程度。


来週はマクロ指標が中心の週

先日BOEが発表したインフレレポートはとにかく訳が分からなかった
spare capacity”という新たな不確実性を招く要素を市場に印象付けてしまい、失業率目標から
少なくとも18もの指標を参考にして利上げを検討するというスタイルに変更し、とにかく???状態。
G20を控えてかGBP高牽制は控えめで、利上げ時期や失業率予想引き下げが目立つだけだった。
これらを受け一旦、CPIや失業率に対する注目度は少し下がったのかも知れない

黒田日銀がこの消費増税前の2月に追加緩和に動く合理的な理由は何一つ無い
が、消費増税辺りを目処に追加緩和への思惑が一層台頭する事は明らか
一旦沈静化したと思われた、日銀会合結果発表後の円高が先月再現され、
恐らく来週も同様に発表後の円高が繰り返される可能性は高いだろう
追加緩和の検討自体無いと思われるので、発表時間は12時手前か


先月23日のHSBC製造業PMIを境に、マーケットはプチクラッシュモードへと切り替わった。
円急伸、EM通貨安、中国の理財商品デフォルト懸念が一気に襲い掛かったのは記憶に新しい。
そんな出来事からもう少しで1ヶ月が経とうとしている
ここまで今年のマーケットは全体的にトレンドレスだったが、そろそろそれも終わりだろう

ドル円最安値~アベノミクス相場のこの2、3年は1995~1998年の相場に似ている
1995年戦後最安値を付け、プラザ合意後の長期ドル円下落トレンドが終焉となり、
そこから一気に反転モード3年半程度で100%近くドル円は上昇した
今回も2011年にサブプライムショック後の長期ドル円下落トレンドが10兆円介入(実際は9兆円台)、
そして翌年の白川日銀によるバレンタイン緩和(1%の物価目標導入)によりようやく止まり
アベノミクスが始まってドル円は底値から大きく上昇した。

だが似ているのはそれだけでは無い
1997年5月にはドル円が短期間で12%程度急落し、年後半に掛けて上昇、高値を更新
その後1998年1月~2月には下落が強まるが春~秋に掛けて再度上昇トレンドに。
そしてその後急落し1999年末までに30%以上も高値から下落した。

一方2013年5月には日経平均の暴落や第三の矢への失望感から円買いが優勢となり、
103円台から93円台まで10円程度、-10%弱下落した後年末に掛けて高値を更新
だが今年1月~2月に掛けて下落が強まり、今日に至っている。



この偶然にも似通ったような出来事・相場をどう捉えるか。
歴史は繰り返すと見るか、今回はまた違うケースだと信じるか。
3月のECB追加緩和への思惑も日に日に強まってきて、インフレレポートでポンドはトレンドがより
鮮明になっており、そろそろ日本株や円相場にも明確なトレンドが出てもおかしくは無い時期だ。

ちなみに、1998年後半は同年1~2月高値~安値の200%戻し付近まで上昇した
今回も同様のケースだと考えると、200%戻しは110.12円となる。
これは非常に強い抵抗だと考えられる年足の抵抗線が位置している辺りだ
http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

年足で3年以上陽線が出る事は考えにくいという事も考慮すると、やはり110円付近
一旦、過去最安値~アベノミクス相場での円安トレンドは終わりを迎える可能性が高いだろうか
まだ先の事ではあるが、頭に入れておいて損は無い。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:5 |
今週の予定 - 新FRB議長テキストに、何が起こるか分からないBOEインフレレポート。
2014-02-12 Wed 04:42

2/10 (月)
8:50 (JP) jp
国際収支、貿易収支 - 少し遅れて小さなトレンドが出来る事が多い。

2/11 (火) ※日本休場
22:30 (US) us
イエレンFRB議長議会証言テキスト - 議会証言に先立ち公表。
24:00 (US) us
イエレンFRB議長議会証言 - 半年に一度の金融政策及び経済についての議会証言。Q&Aも。

2/12 (水)
---- (CN)
貿易収支 - 時刻は未定だが、過去の発表時刻からして大体11時前後、または12時前後。
17:15 (CH) ch
CPI - 動いて10pips程度。
19:30 (UK) gb
BOEインフレレポート - 予想はかなり複雑化しており、大きく動くだろうがどう動くか予想しにくい。
24:30 (EU) EU
ドラギECB総裁講演 - 事前原稿等は不明。利下げ期待が高まっているので注意。

2/13 (木)
9:30 (AU) au
失業率新規雇用者数 - 現在は一旦AUD買戻しが優勢になっている。
22:30 (US)
新規失業保険申請件数小売売上高 - 最近小売売上高はブレても0.3 – 0.4%程度。
24:30 (US) us
イエレンFRB議長議会証言 - 今度は上院の銀行委員会にて。恐らく・・・内容は先日と同様?

2/14 (金)
10:30 (CN) cn
CPI - 多少AUDが動くだろうが、20pips程度だろう。
15:30 (FR) FR
GDP速報値 - 仏GDPでは動いても5 – 10pips程度。
16:00 (GE) de
GDP速報値 - 独GDPも普段はあまり相場を動かす材料では無い。動いて20pipsといったところ。
19:00 (EU) EU
GDP - 一応。
23:15 (US) us
鉱工業生産 – 0.5%程度の乖離ではほとんど動かない。
23:55 (US) us
ミシガン大学消費者信頼感指数 – 速報値なので多少は動きそう。



遅くなりました m(_ _)m

さて、今週は英米の中銀総裁が主役の週
今年は今のところ、新たなテーマが降ってきたと思いきやすぐに沈静化してしまい、
全体としていまいちトレンドが出来ず、相場としては魅力にかけている展開。
そんな中、上記2つはトレンドが作られるキッカケには十分なり得る

まずは今日22時半にリリースされるイエレン議長の議会証言テキスト
基本的には前任者の立場を踏襲する形だと思われ、大幅なサプライズは見込みにくい。
勿論相場は反応するだろうが、雇用統計ほどのインパクトはないかも知れない。

自分の中ではイエレン氏はハト派な現実主義者という位置付け。
指名に際した公聴会では、モデルを用いた説明や一般論に終始していた
議長という立場には十分気を払っているという印象で、突拍子も無い発言が出る気はしない
だからこそ、彼女が新議長として選ばれたのだろう。
ただ、Q&Aセッションでは少し踏み込んだ発言が有るかも知れないので注意したい


問題はBOEインフレレポート
これはA or Bという明瞭な展開では無く複合的なアプローチになるだろうとの予想。


・現在の枠組みから、Fedのような各委員の金利見通しを点(dots)で示す形に切り替える ()
・賃金上昇率など広範な雇用関連指数を判断材料または目標として取り入れる ()
成長見通しの引き上げ、失業率予想の引き下げ (可能性:)
失業率目標を7%から引き下げる (中銀見通しの信頼性が落ちる為)

ハト派予想バークレイズ、ドイチェ、モルスタ、クレディスイス、BofAML
タカ派予想
JPモルガン(?)、シティバンク、RBS
※文章から読み取った印象。

というのが主な金融機関の予想。

Fedも同様だが、目標というのは中銀の綿密な予測を基にして設定されており
これを簡単に変更するという事は中銀の見通し自体当てにならないという事になる
となると、中銀が安易に目標を引き下げる事は無いだろうという予想が圧倒的だ

インフレレポートがどうGBPや英金利に影響するかはかなり意見が分かれている
最近はGBP高抑制姿勢が顕著になっている事もあって、全面にタカ派姿勢は無いだろう。
各委員の金利見通しをどう読み取るかは市場次第。
なので結局は、流れが出来た方に着いて行くしか無い。
ただGBP安になったとしても、最近の英経済を考えればそれは一時的だとの声もある。


何れにせよ、大きく動きそうなのでリスクは控えめに

 

※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
efx(旧サザインベストメント)の新ECN取引システム (Currenex)・・・
2014-02-07 Fri 04:45

cnex vs sp

上:YJFX(旧サイバーエージェントFX)のC-NEX
下:efxのスパッとズバッとFX-PRO(以下スパッ)

両方ともリアル口座でのプライス+流動性 @ 午前3時頃。


EUR/USD
C-NEX:1.35930 – 933 (スプレッド:0.3 (TOB)、0.7(5本)、0.8(約10本))
スパッ:1.35928 – 935 (スプレッド0.7 (TOB) のみ)
※TOB=Top of Book=一番最上層の流動性の事。

USDJPY
C-NEX:101.895 – 899 (スプレッド:0.4 (TOB)、0.9(5本)、1.0(10本))
スパッ:101.893 – 901 (スプレッド:0.8 (TOB) のみ)


・・・・・・えっ?というのが素直な感想。
デモ口座でも流動性は1階層しか無かったものの、まさかライブ口座でも同じだとは。
これで5本、10本といった数量を取引したらどうなるのか、逆に気になる。

カバー先はシンガポールの大手銀OCBCと業界では有名なG.K.Goh
G.K.Gohはかなりタイトなプライスを出せるはずなので少し期待していたのだが。
メリットは通貨ペアが若干豊富という点のみ。

この程度の流動性・スプレッドであればCurrenexにする必要があったのか。
自社開発する余裕も交渉力も無く、それでもECNを導入してなんとかFX業界に
残りたいと思うのであれば、まだ他に選択肢があったのでは、と思ってしまう。
今更、後発組のこのスプ+流動性のCurrenexでは使う人はほとんど居ないだろう



昔はサザインベストメントと言えばGFT系では大手業者で知名度もあった
だが続々と新しい業者が誕生しスプレッド競争が激化して、GFT自体が低迷した。
今や知名度はほとんど無いだろうし、実働口座数や取引量はかなり少ないだろう。
だからこそ採算が取れるのか心配になる程インパクトあるものでないと意味が無い。

Currenex程の総合力を備えたECNプラットホームを待ち望んで早数年。
幾つかのNDDシステムが生まれては消えていった。
一応、年に幾つものECNプラットホームは海外で生まれているし、
日本に持ってきてもある程度の取引高が見込めるようなECNシステムは何個かある。
持ってくるのは大変だが、後発で安易にCurrenexでは無く、もっと
冒険心と野心に富み、熱意に溢れたFX業者が出てくる事を期待したい。



為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 雑記 | コメント:6 |
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。