スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
尊敬する人① ~水上紀行氏~
2011-03-23 Wed 12:23
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=492&uID=tfx

基本的な考え方が好きで、憧れの人の一人。

貪欲に、でも冷静に、テクノファンダメンタル的な思考で、リスクを果敢に取りつつも謙虚に臆病に。
損失は損失として受け入れつつも、そんな事はきっぱりと忘れて、利食える時に利食いをする。
大玉でどんどん攻めつつも、直感でヤバいと思えば、引く時は潔く引く。

そんなタイプの、元三和銀行でバンカーズとも激しくやりあっていたディーラーの方。
現在はデイ、ディーラー時はスイング中心、との事で、自分のスキャルピングとは全く違うものの、
リスクを取って果敢に攻めて、潔く引く時は利食いでも損切りでも潔く、など、見習う物が本当に多い。
最大3億ドルのポジションは、個人だと流石に真似が出来ない。
今までに最高額だと・・・2億ドル弱だったかな(笑)
レバレッジが400倍だからこそ出来た事で、今だと5000万~1億ドルがやっと。
でも余程のチャンスで無い限り、基本的には2000万ドルでのポジションが身の丈に合ってる。

上記のfoorexのディーラー特集でも大まかに水上氏を知る事は出来るが、コラムを一から全て読むのがお薦め。
為替や相場が好きなら、参考になったり、少なくとも共感出来る部分があると思う。
そこら辺の「~で○万儲けた」なんて本より、1000倍タメになるコラム。
セミナーなんて行った事は無いが、いつか水上氏のセミナーなら行ってみたい。
むしろ、三和時代の武勇伝や失敗談を、酒を飲みながら聞いてみたい(笑)


スポンサーサイト
別窓 | 相場アプローチ法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
海外業者への金融庁(JFSA)の圧力と勝手な拡大解釈。
2011-03-10 Thu 01:03
・FXCM UK
・Alpari UK
・Forex.com UK (直接的には)
・ActivTrades
・SAXO BANK
・Delta Stock

SAXO BANK以外は、つい最近日本人の受け入れ停止を発表した業者。
確認はしていないものの、他にも多数あったと思う。
主にUKの業者で、FSAが関与している可能性が濃厚。

ActivTradesはまぁまぁ良心的なMT4業者で、日本語ページも無かった業者。
CFDも豊富で、SmartOrderというMT4の1クリック取引用のAdd-onを提供しており、
SCAMが多い海外業者の中で頑張っていたのに、いきなりの日本人の口座強制閉鎖。
納得がいかないのでメールをしてみたところ、下記のような回答。

The JFSA stated that 'business operators who make FX transactions on behalf of or 
with residents in Japan are required to be registered as financial instruments business 
operators.  
Making transactions without registering is banned under the Financial Instruments and 
Exchange Act'  

They went on to say ' We have also asked the relevant foreign authorities for cooperation, 
and we intend to take appropriate actions if any problems are found'
'The (J)FSA will continue efforts to enhance customer protection by enforcing the recent Cabinet Office ordinance concerning the regulation of FX transactions' 

As mentioned in our earlier e-mail, ActivTrades therefore decided, for commercial reasons, as we have a small number of Japanese clients not to seek registration to the JFSA,
but to withdraw those accounts currently offered to Japanese clients.
The JFSA have not 'put pressure' on us, we are merely acting in accordance to those requirements.

要約すると、金商法では金融庁に届け出ていない無登録業者は日本居住者へFX取引のサービスを
提供する事は出来ない、と金融庁が断言していて、ActivTradesには少数の日本人の顧客しか居ない為に、
商業上の理由から日本の金融庁に登録してまで日本人にサービスを提供するメリットがない、との事。
また、日本の金融庁がActivTradesに"圧力を掛けた"という事ではなく、ただルールに従っただけ、と。

但し、赤色で示した通り一点疑問が残る。
"金融庁は外国の諸監督官庁に協力を要請の上、何か問題があれば適切な対応を取ると言い放った。
 金融庁は最近のFX取引規制に関わる内閣府例に従い、顧客保護を推し進める"と。
(厳密な訳ではないが、こんな感じ。)


最近のFX取引規制に関わる内閣府令?
レバレッジ規制の事を指すのであれば、2年前の事だが、最近なのか?
そもそもレバレッジ規制はしかるべき保証金を積む事、を主に定めた内閣府令のはず。

それとも最近金融庁が警告を行った、金融庁に無登録の海外業者の件だろうか。
但し、これは内閣府令でも法律でもなく、単なるOrdinance=命令で、Regulationではない。

つまりは、確かに金商法では無登録業者が日本居住者相手にFX取引を行わせる事は出来ないものの、
金融庁が諸外国の監督官庁に協力を要請する際に根拠としている建前、「内閣府令による顧客保護の為」
というのは真っ赤な嘘であり、拡大解釈で、これを正当化するのはいかがなものか。
最近行ったのは、FXDDを初めとした無登録業者への警告だけですよね、Mr. JFSA?

恐らく海外の監督官庁が日本の法律等の原文をわざわざ読む事はしないだろう、との事からだろうか。
勿論ActivTrades側が勝手にそう解釈した、とも取れるのだが、FX業者を営んでいる方々から聞く金融庁や
財務局の役人のあまりの知識の無さからして、自分達の好きなように、権力を揮っているとしか思えない。

お上がこれでは、日本の投資家レベルが一向に向上しないのも当然。
親や教師がだらしないのに、子供をどうやってまともな人間に育て上げるのか?
貯蓄から投資へ、というのであれば、まずは議員や国家公務員が率先して、投資というものを理解すべき。
UKのFSAやCFTC、NFAは、時に強い権力を発揮するも、まだ幾分投資家や投資業への理解がある。
この国は、本当に法律で雁字搦めな上に、官僚主義だから、たまに疲れる・・・。
流石、ジム・ロジャーズですら銀行口座を開設出来なかった唯一の国。(確か)

"Japan is hopeless and you should be ready to buy the CDS of Japanese Gov't bond in the near future"
と、ついこの前海外でファンドをやっている友人に伝えたが、このままだとそう時間が掛かりそうにもないのかも。


↑単にググって出た金融庁の画像。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。